本当にホールインワンより難しいナンセンス漫画のようなことが目の前で繰り広げられました。
オーストラリアゴールドコーストのロイヤルファインゴルフ場で開かれたANZレディマスターズヅルチャト日。
初のホールをパー第二ホールを見るに始めたユ・ソヨン選手は、第三のホールからマクホルまでバーディー12個パー4つを作ったが、
3番ホールパー5でイーグルポトをペミョバー​​ディーでスタートし、4番ホールパー4で再び2メートルのバーディー。
5番ホールパー3で7メートルのバーディーポトを差し込んで歓声が発光し、6番ホールで3メートルのバーディー。
7番ホールパー4で再び1.2メートルのバーディー…. 5ホールを連続的にバーディーをしながら見る人を驚かせたが、始まりでした。
8番ホールでティーショットがツリーの下にしながら波仕上げを思うよ、9番ホール413メートルパー4で12メートルのロングパターバーディーをして、
前半を見る1つの波の2つのバーディー6個仕上げをして