2018年度AnKゴルフで冬季トレーニングをうまく終えて、再びシーズンを開始したAnKプロ選手たちが韓国と日本で良い成績を残しています。

韓国では2018 MYのムンヨンクイーンズパーク・チャンピオンシップでチェヒェジン選手2位、チェウンウ選手4位で終えていい成績を残しました。 一方、日本ではカリス・デイビッドソン選手が2018センチュリー21レディーズトーナメントで合計12アンダー4位で終えました。 ケリスは2018年ルーキー選手であることにもかかわらず、シーズン中盤を回る今、賞金総額で、一千4百万円賞金ランキング40位を走っています。

これから私たち、幼いAnK選手たちも、ツアーで活躍しているプロ選手を後を続けて行くように頑張って欲しいですね。 AnKのゴルフ 卵たちの未来を期待します!