パク・インビ選手/ユ・ソヨン選手オフシーズントレーニング@サンクチュアリーコーブ!#オーストラリアゴルフ留学#ゴルフレッスン#練習ドリル

135x120.ratio

女子世界ランク一位のパク・インビ選手が2014年シーズンに向け、

サンクチュアリーコーブでのオフシーズントレーニングを行っています!

パク選手のキャディーは地元サーファーズパラダイス在住で、パク選手

をオーストラリアに連れてきたのも彼だそうです。

世界ランク5位で、AnK所属のユ・ソヨン選手、2009年U.S.Open優勝

のジ・ウンヒ選手もパク選手と共にラウンドを行っています。シーズン中も

仲良くしているらしく、久しぶりの再開にはしゃいでいました!

パク選手の強みは何と言ってもパッティングの上手さ。ショットはユ・ソヨン

選手の方が上ですが、パターでどうやら差がついているみたいです。

今年のオフシーズン、ユ・ソヨン選手はイアンとのレッスン、ラウンドをかなり

こなしていて、以前以上に仕上がっているので、今年はメジャー2勝目も

期待出来そうです!

AnK Golfワンポイントレッスン!

ユ・ソヨン選手のウォームアップを紹介します。

ユ選手はプレーンがインサイドアウトになる癖があり、これを規正する為に

レンジに到着して、必ず始めに行うドリルがあります - それは

両足を付けた状態でのハーフスイングです。

腕と身体の一体感を感じながら、腕で振り下ろさず、身体のターンのみで

自然なリリースを促します。インサイドアウトになる人は大体腕で

ターゲット方向に振りに行きますが、身体と腕が一体になった状態で

スイングを行えば、自然とオンプレーンのポジションに収まってきます。

ここで重要なのは、腕、身体の力を抜く事!力んでしまっては、自然な

動きは出来ません。腕はトップでクラブを支えるだけの力で、肩の力を

抜きましょう。身体でスピードを出すイメージを持ち、クラブが地面

をこすり、バウンスで跳ね上がるのを感じましょう。日本の練習場では

マットでの練習になるので、少し難しいかもしれませんが、脱力した状態で

クラブが地面に擦れるイメージで行って下さい。力めば、腕が短くなり

地面にクラブは当たりません。かといって逆に、上から打ちに行ってしまえば

ドリルの意味が無くなってしまいます。腕、身体の力を抜き、クラブ重さを

感じながら、『振る』では無く身体でスピードを出し、『落とす』イメージで行いましょう!

レッスン動画近日公開