被災地・被災者の皆様に、心よりお見舞い申し上げます

東日本大震災の被害に遭われた皆様へ

「東日本大震災」において、被害に遭われた皆様に心よりのお見舞いを申し上げます。

あらためて、被災地においては一日も早い復旧と、皆様のご無事を、心よりお祈り申し上げます。

                          AnK Golfチーム一同

img6395_110314-01inori1

【レッスン】真っ直ぐは下手の元?ストレートvsシェーピング!

昨日のブログで調子の波についてお話させて頂きました。「ボールシェーピング」が安定したゴルフをするキーポイントとなり、逆球を打たないと言う事がコンシスタントにプレーする秘訣だと説明しました。しかし前回のブログを読んで下さった方の中にも、じゃあなぜ真っ直ぐ狙ってプレーしちゃダメなんだ?真っ直ぐ打つにこした事は無いじゃないか!とお考えの方も多いかと思います。今回のレッスンテーマ「ストレートvsシェーピング」ではそんなあなたのストレートボールに対する考えを少し変えれればなと思います。

なぜ真っ直ぐはダメ?
ボールというのはどれだけ真っ直ぐ飛んでいる様に見えても、必ず微量のサイドスピンがかかっています。よって、完全に順回転のストレートボールはほぼあり得ません。コースを攻略する際に、ターゲットに対して毎回真っ直ぐ構え、ストレートボールを狙っている人はまず球筋の打ち分けから学ぶ必要が有ります。球筋の打ち分けの上手く行かない人は、スイング/メンタル意識を改善する必要が有ります。なぜ真っ直ぐはダメなのか?と疑問に持っている方が多いかと思われますが、では逆に、あなたは毎回真っ直ぐ狙った所に打てますか?10球打って10球少しも曲がらないストレートボールが打てますか?残念ながら、漫画ライジングインパクトの主人公、ガウェインでない限り無理です!

そして先ほども述べたように、どんなにストレートに見える球でも必ずサイドスピンが掛かっています。という事は、左右どちらかにミスをする要素を持っていると言う事です。常にストレートを狙っている人はミスしたとき右にも左にもブレます。なぜなら最初からどちらに曲がるかを考えて打っていないからです!真っ直ぐ狙って打ったのにスライスした。身に覚えはありませんか?これなら、スライスしか打てなくてもそれなりに左を向いて攻略している人の方がよっぽどましです。

ではグリーンが相当硬く風邪もフォローで、手前に池があり、しかも確実にグリーンに乗せないといけない状況でストレートボールは有効でしょうか?止める必要があるならスピンの利いたハイフェードを使いましょう!コースのレイアウトのみならず、グリーンの状態、風等を全て攻略する為には、必ずシェーピングが必要です。ゴルフは同じコースでも毎日違う顔を見せます。芝の長さ、風向き、クリーンの硬さ、湿度、等毎日変化します。その変化に合わせてプレー出来る様になれば、あなたのゴルフは確実にレベルアップします!

シェーピングの決定的な長所
球筋を打ち分ける際には必ずビジュアライゼーションを行います。どのように球が飛んで行くのかを描く事によって右脳が活性化され、集中力がアップします。雑念を招く左脳をシャットアウトし、感性でゴルフをする事が出来ます。コースマネジメント等状況を把握する際には左脳で考える事がありますが、ショットを決め、プレショットルーティンに入る際には何も考えません。次回の「右脳と左脳の違い」でもっと詳しく説明したいと思います!

まとめ
毎回ストレートボールを打つ事はほぼ不可能。
ストレートボールは左右両方向へのミス/を招く
ストレートボールのみでは難しい状況に順応できない
シェーピングでメンタル力アップ!

最後に
シェーピングを学ぶ事は決して難しい事では有りません。まずスイング/アドレスをなるべくニュートラルポジションに戻し、ビジュアライゼーション能力をアップさせれば、どなたでもシェーピングをマスターする事が出来ます。ストレートボールを追い求める事はやめ、スコアに直結するシェーピング能力をアップさせましょう!

576225_325493414239779_1571383224_n