【レッスン】必読「心の目で見る、サードアイ!」

前回のブログで、少しサードアイについて触れましたが、今回はもう少し詳しく説明したいと思います。

サードアイとは?
物を目で見ていなくても見る、つまり感じとる「心の目」です。頭に目で見た絵図を残し、目をつぶっても同じ様に風景を描く事が出来れば合格です。ゴルフで応用する場合、目はボールを見ていますが、頭の中ではターゲット方向を描いています。サードアイの練習を重ねる事によって、アライメントのずれを防ぐと同時に、右脳を使う事が出来ます。(右脳を使うメリットについては、過去のブログ「右脳vs左脳」をご覧になって下さい。)スイングは一晩でそう変わる事はありませんが、ミスアライメントによって必ず動きにズレが生じます。例えば、右を向いていると思っていても、左を向いていれば、脳は無意識的にそれを認識してしまい、プッシュ/スライスを打ってしまうでしょう。サードアイの練習を日常化する事により、ミスアライメント防止/右脳の発動をよりスムーズなものとします。

練習ドリル
球の後ろでプレショットルーティンを行って下さい。アドレスに入る際には、ターゲットは見ず、サードアイを使い球を見ながら構えに入ります。球を見ながら構えた状態で、ターゲットに対し指を指して下さい。そして何処を指差しているのかを確認してみましょう!ターゲットに対してちゃんと指をさせていれば、サードアイをしっかり行えた証拠です。全く思っている所と違う方向を指していた人は、、、サードアイの練習が必要です!このドリルを毎日行って下さい!

サードアイの練習法は他にもたくさんありますが、特別なメンタル器具を使用したAnK Golf独自のノウハウを使っているため、ここでは紹介出来ません!↑のドリルでもかなりの効果が見られると思いますので、是非試してみてください!