【ゴルフフィットネス】ボディースクリーニング結果発表!

先日行われたリチャードとのボディースクリーニングテスト結果が返ってきました〜!今日はその一部の生徒の結果をご紹介したいと思います。ボディースクリーニングを行う事によって自分の体の弱点をピンポイントで知り、その弱点を強化する事によりスイングを無意識的に改善させる事が出来ます。どんなに努力してもスイングが良くならない人は、スイングの問題ではなく、身体的にその理想のスイングが出来ない状態にあるケースがほとんどです。そういった意味でのテストであり、ボディースクリーニングの結果に基づいて生徒一人一人に合わせたゴルフフィットネスプログラムがリチャードコーチによって作成され、弱点を強化するゴルフに特化した、完全に個人にパーソナライズされたプログラムの提供が可能となりました。

Screen Shot 2014-05-08 at 9.17.44 pm

Screen Shot 2014-05-05 at 11.06.55 am

Screen Shot 2014-05-05 at 10.57.09 am

Screen Shot 2014-05-04 at 9.18.43 am

Screen Shot 2014-05-04 at 9.06.28 am

今回の結果内容はは全員当校の15歳以下のジュニアの物です。結果を見て分かる様に、一人一人のグラフが全く違う形をしています。グラフには十数種類のバランス、パワー、柔軟性のテスト結果が反映されており、5が最高点の5段階評価になっています。このボディースクリーニングテスト、”Physical Competency Testing” はゴルフのみならず、オーストラリアのあらゆるスポーツにおいてのトップアスリートにも使われているテスト形式で、かなり正確なデータの取得が可能となります。

去年ハンデ20だったJennyのハンデは現在8まで下がり、かなりの上達が見受けられますが、テスト結果を見ての通りフィジカル面ではハンデ16のヘンリー(Hee Seung)とほぼ変わりません。今後新しいプログラムを通してフィジカルを強化し、テスト平均が4以上になってくると技術面でも今まで出来なかった動きが出来る様になり、そういった動きも無意識的に行える様になるのでメンタルとの繋がりも良くなってきます。今年中にハンデを0〜3にする事も十分に可能な範囲内でしょう!ジュニアのみならず、上を目指す全てのゴルファーに是非試して頂きたいと思います^^

ヘンリーとリチャード

ヘンリーとリチャード

リチャードに結果の説明を受けるジェニー!

リチャードに結果の説明を受けるジェニー!