【ゴルフフィットネス】身体適格性テスト!

リチャードフィットネスコーチによって年に数回行われるPhysical Competency Test(身体適格性テスト)が再度行われました!

柔軟性、バランス力、筋力、持久力を一人一人テストし、個人にあったフィットネスプログラムを作成する事を目的として行われます。トレーニングを重ねる事により、体格や能力も進化していくので定期的にテストを行う事も重要です。ゴルフフィットネスというよりは、Athletic Development(アスリート育成)と言った方が正しいです。今回行われているのはジュニアの部(15歳以下)のテスティングで、シニア組(16歳以上)のプログラミングとは異なり、プログラム内容のほとんどをボディーウェイトトレーニングが占める形となります。

近年TPIが流行ってきており導入している施設も多いですが、TPIの問題は内容が一般的すぎる所です。そこでこのようにテストを行う事で、より優れた「個人に特化したプログラム」を提供する事の重要性を感じています。「ゴルフに特化した」トレーニングではなく、「アスリート育成・個人に特化した」トレーニングの提供を重要視しており、ゴルファーはアスリートだと言う考えを日々生徒達に植え付けております。

プログラムは約2週間後に完成し、完成後は再度週3度のフィットネスプログラムを行う予定です!

2014106917d071dcc1bb821864f24e9b83efab_1414541467_738

2014106917d071dcc1bb821864f24e9b83efab_1414541475_9291

2014106917d071dcc1bb821864f24e9b83efab_1414541476_4003

2014106917d071dcc1bb821864f24e9b83efab_1414541531_4213

2014106917d071dcc1bb821864f24e9b83efab_1414541543_9379

2014106917d071dcc1bb821864f24e9b83efab_1414541535_9455

2014106917d071dcc1bb821864f24e9b83efab_1414541465_172

2014106917d071dcc1bb821864f24e9b83efab_1414541529_5813

2014106917d071dcc1bb821864f24e9b83efab_1414541531_8556

2014106917d071dcc1bb821864f24e9b83efab_1414541545_5798

2014106917d071dcc1bb821864f24e9b83efab_1414541470_9476

2014106917d071dcc1bb821864f24e9b83efab_1414541540_0196

【試合】ダビデとゴリアテの戦い!クイーンズランドアママッチプレー

ストロークプレーから会場が変わり、マッチプレーはArundel Hills Country Clubにて開催。昨日早朝から練習ラウンドを済ませ、軽い調整のあとスパ・サウナ・ストレッチで体を休め、万全の状態で挑みました!

マッチプレー第一戦目の相手は2メートルを超える巨体のニューサウスウェールズ州代表トロイ・モーゼス選手。彼は先週のナショナルランキングイベント、ケペラボウルを通算21アンダーで制し、今回の大会も4位でフィニッシュしており、今一番流れに乗っている選手です。二人の身長差は30センチを超え、まさに聖書伝説のダビデとゴリアテの戦いです!

初めてのマッチプレーの試合と言う事で、今回は伊東コーチがキャディを務めました。相手がミスをすれば堅くパーを狙ったり、パー4で1オン狙いをしたり、ストロークプレーとは違った攻め方や相手との駆け引きもマッチプレーの醍醐味です。トロイ選手とドライバーの飛距離はほぼ変わりませんが、長身から繰り出されるアイアンショットは、3番アイアンで260ヤード飛びます。ティショットを確実に260ヤードアイアンで置きにいき、100ヤード以内は1ピン以内につけるゴルフが彼の持ち味です。しかしグリップをかなりストロング気味に握っているため、ドライバーでタイミングがずれればプッシュやチーピンといったミスが数回ありました。こういった相手がミスした場面で確実にとれればよかったのですが、何度も一緒についていってしまい勝負は17番ホールで1ダウン。相手はまたティショットを左に大きく引っかけOB方向に向かいますが、木にあたってフェアウェイ真ん中まで戻ってきました。。運も実力のうちですかね^^一方照屋君はナイスショットがフェアウェイで変なキックを受け木の根元についてしまいます。それでもあきらめず、フェアウェイに出し、サードショットを3メートルにつけますが、パットはカップに蹴られてボギー。このホールをパーとしたトロイ選手の2/1勝利です。惜しくも負けてしまいました。。が!最近試合でも少しずついい結果を出している照屋君に今後も期待したいとおもいます^^

今大会オーストラリアのナショナルチームメンバーも勢揃いの中よくがんばりました!今大会本当に良い経験になったと思います。この悔しさをバネにこれからはQTに向け調整に入ります!

zMGhxeku1-WMW8Uhtz__aBZrUxrwFYLdtvVs0RdIydw,6lcrn9Vmu4cw7d18tOjgnH-KYKrD84meeuoZ25cvIQc

96y8Ujk-tek0BWU4KkMel_63w7JJ-t4-7xhf-EhjxYw,1ZSIlrzFrCCxE9ppI1egnVBk0DQOmSMgjVcTkhY812M

6mprfsBTaIJmosqqhSGIgObpy_AJ8f_LLrsWt6KQErM,HtIQ0phNkBFkIs8ZRLs7S20-sLawASILTshmLHJdrSU

b_SouXbBt0W_PksNuBUbSyRjlAqIWg1VPem99ODAsc0,JFLFj1DwZuQao8BM45MX_mOxMtAqKGAfqv6jDgdzgT8

xyOOAgYhprLCT0_rbNEJonM1pvCM-rX4E0PFeApJ6lc

【試合】照屋君が活躍中!クイーンズランドアマチュア選手権

今週はクイーンズランド州最大のアマチュアイベント、クイーンズランドアマが開催されています!

今大会AnK Golf日本人生徒の照屋ゆういち君がトップ32位に残りマッチプレーへの進出を決めました!ストロークプレーの結果は74・74・76・72。マッチプレー第一戦目の相手は先週のケペラボウルを4日間通算21アンダーで制したTroy Moses選手!2メートルを超える選手との身長差は30センチ以上あります!

一方今大会思う結果が残せなかったトニー。悔しさを噛み締め、次の試合へ向けて突き進みます!トニーは最終日(3日目・36ホール)にゆういちのキャディーを務めました。違う選手のプレーを第三者的な観点から見るのも良い勉強です。そこから見えてなかった物が見えてくる時もあります。トニーの名キャディーぶりもあり最終日ぎりぎりの29位に残る事が出来ました。おつかれさま^^

ANK Golfに入校して早くも4ヶ月が経とうとしている照屋君。スイングの改造が絶対的に必要なタイプだった為、入校当初は少し苦労しましたが、今ではニュートラルポジションにどんどん近づいていて、メンタル的な面でも大きく成長出来ています。毎週コーチ陣とのラウンドの中でコースマネジメントも上手く吸収し、別人の様な変化が見られています。先週のナショナルランキングイベントのケペラボウルでも予選を通過し、試合でも少しずついい結果を出しています。明後日からのマッチプレーにも期待したいです!年末にはオーストラリアQTを控えているので、しっかりと準備して挑みたいと思います。

VPrnEds2niA_E-iwTObTUAy__FgJs9X6UAms4NZDto4,ITAa6s-JHYSLx1nY3m2wNq3dYqhsQSIt5h_7JPBduKA

EPDAIGaM_1kuUK3FdrjSksfsjoJx11TjEWARxFTYc9c

75bFos5WDzMKzA2vWyWpuHLrSWcpFYcI8Br7YuRp858,3t9db6ATjx8Gx3Ktf_2J7jUqX3s3nCnTfzmj3LUuFBs

WU04_KB4PtUe2R9N5k63jKKaDaq2UpFjzTcJVGkF7Xo,eA5nJpCqW6EguBvfyqGVnwRVQX84PeBWg8FE7tEiJCc

c_TRuyaBd3PYe6y9Q8_yWrVFDt5dB0La7Cch3-Es1MU,Iqfzw5VRthQaBcUsJz3yYz5oUFmOD1gQlL_YEK5RgYk

SP7D5ahjkUU8yW26aujjzVu8vrTJbQAFQ1UAb9dnRjk,N7vzxNVXgmubGFq3fQjP3qg5okjFOl2lZD1j8crEoaY

-rp0eHVQB2MSS9_Gbhq121TBJ9ULmnzdgSFyWURbegw,jmS3gtzhiLIQvsPMvNhnowAMjSenZLVuUrp10xFviz0,u5DFPGCklCLV-bAFbjlpawW0z6HeSukkpfVH5U6ryHo

jW55DJagnvIBCwx5tyKUyUAs_K3uTU6TdJ9Jm0sfljw,aIOJwe3UdNPt0T6ffsimJ1zyDXLQU2axrtBYQp3AaPA

k58Z0j2T3_-Nnpv-AoDIM6wsH9W0L3jfb-UcQ8nafdE

ベク・キュジョン選手米ツアー優勝!!

今年の頭からAnK Golfで3ヶ月間ルーキーシーズンに備えてトレーニングを行ったペク・キュジョン選手。今期既に韓国ツアーで3勝を飾り活躍しています。今期の成績から米ツアーのLPGA Hana Bank Championshipへの出場権も得て、更なる舞台へと羽ばたくチャンスをなんと優勝と言う形でつかみ取りました!若干18歳にしてプロ1年目から通算4勝を飾るこのスーパールーキーですが、あまりの急成長に正直驚かされています。今年の頭から3ヶ月間みっちりイアンコーチ、クリスコーチとスイング・メンタルトレーニングを行い、ショーン博士にも週3でトレーニングを行ってもらいました。当校のユソヨン選手や、サンクチュアリーコーブにてオフを過ごした朴インビ選手等と一緒にラウンドを行った事も自信に繋がりました。

既にハイレベルでプレーしている選手程、短期間のメンタル・スイングトレーニングで急成長を遂げるケースが多いです。当校のツアープロ選手達の経歴を見ると、驚くべき共通点があります。それは例外無く全員当校受講後に必ずプロトーナメントで優勝しているという事です。2009年にAnKでオフを過ごしたジウンヒ選手はその年の全米女子オープンですぐに開花。2011年にはユソヨン選手が全米女子で優勝。2012年受講のキム・ジャヨン選手は帰国後すぐに3週連続優勝を果たし、その年の韓国ツアー賞金ランク2位に。男子ではベサンムン選手が3ヶ月受講した年に日本ツアーで賞金王になり、去年3ヶ月受講の張ドンギュ選手は帰国後すぐにチャレンジ優勝、そして今年は2勝を挙げ賞金も5000万円以上稼いでいます。

この様な大きな舞台で活躍している選手達ですが、皆初めてAnKに来た時は普通のプロレベルでした。上手いアマチュアレベルと言っても過言ではない選手もいました。ベサンムン選手は既に韓国ツアー賞金王という肩書きを持っての受講でしたが、メンタルという概念も何も無く、米ツアーどころか日本ツアーで活躍する事も難しかったと思います。こういった選手達に必要なのは、スイングを改造する事では無く、モーションをシンプルにし、メンタルが出来る状態に持っていき、そこからメンタルトレーニングに入ることです。もちろん肉体的にもツアーレベルになる様トレーニングする必要があります。この様なトレーニングを才能と既に実力のある選手に植え付けてあげる事により、過去AnKの選手達が見せた様な短期間での超進化が実際に起こってしまったりします。

今回ベク選手もそのケースにぴったりと当てはまる様に世界に羽ばたいていきます!今回の試合で米ツアーのフルシードも獲得。優勝おめでとうございます!

20141019202138729637-1

Ln4iSXlZgDNAIg5ChotF59V-4Z1vO1WDwaHssM0_MAs

_2-8hHxwAMm0v8_ZouADWPs3J9C5Cx6wQyqZmro6kfA

6jf7DiXUZ5IaOEi-Ma6rodSFMgoYr-Ob4a1joetAEjw

クラブがスイングを変える!クラブフィッティングセミナー!

今日はオーストラリアPGA直営のクラブメーカー、Henry Griffitsからクラブフィッターさんがメルボルンからがセミナーに来てくれました。今回のセミナーにはイアンコーチを含めるAnkのコーチ陣も全員参加。

今回のテーマは、「スイングとクラブを繋げる」と言う興味深い内容でした。クラブを極端にアウトサイドに引く生徒に、極端にフラットなクラブを手渡すと数球以内に無意識にオンプレーンに近いポジションに変わったという例がありました。実際に違うライ角(+6~-6)、違う長さ、違うフレックスのクラブを手渡すとスイングが劇的に変化します。こういった事からクラブフィッティングを利用して、今までのクラブではどうしても難しかったスイングポジションを無意識的に作る事が可能となり、よりスムーズにスイングチェンジを行うことが可能となります。生徒のスイングに求めている変化がみられない場合は、クラブを変えてあげる事により以外とあっさり出来てしまったりします。それ程人間の脳には順応性があるのです。近年各メーカーから発売されているクラブはスライス対策でアップライト過ぎるのですが、逆にこれが余計スライススイングを促すため、多くのアベレージゴルファーはずっとこの「スライススパイラル」から抜け出せずにいます。このようなアップライトなクラブで球を真っ直ぐ飛ばすためにはインパクトで手の位置がスタートポジションよりも上がらなくてはいけないので、合わせて打つしか方法はなく、どうしても生体力学に反した動きになってしまいます。

クラブフィッティングに必要なのは、スイング分析マシーン等で出されたデータだけに頼るのではなく、スイングコーチとフィッターとの間でのコミュニケーションです。スイングコーチがフィッターに求めている事を説明して初めてフィッターもデータ以外の色んなオプションを提案できます。

IMG_4295[1]

IMG_4292[1]

【メンタルトレーニング】トニー校長とFocusbandレッスン!

当校では世界最先端の技術をゴルフに特化した脳分析マシーンを所有しており、生徒達のメンタルレベルアップに本格的に力を入れています。特に上級者の生徒達はこのトレーニングを行う事により、自身の持つ能力を発揮しやすくなり、本番に強い選手になります。

このマシーンは脳内でおこっている事がグラフで細かく表示してくれます。右脳・左脳の使用率、集中力、雑念、視点、リラックスレベル、等々です。Focusbandのみの使用ではあまり効果が無く、一番重要なのはこのマシーンで表される数値をどうやってルーティーンを通して改善出来るかです。当校では長年培ってきたルーティーン・脳科学のノウハウを活かして日々メンタルトレーニングに取り組んでおり、その結果数多くのトッププロを生み出しております。

ゴルフはメンタルとは良くいいますが、ここにその答えがあります^^

AnK Golf

IMG_4134

IMG_4136

IMG_4141

IMG_4146

IMG_4148

2014年度 AnK サマーキャンプ・トレーニング編!

キャンプ2日目

(キャンプの模様を動画でお楽しみください)

早朝5時半に起床し、登山に備えてウォームアップ!

リチャードフィットネスコーチとともに登山しながら途中でファンクショナル系・エンデュランス系のトレーニングを行いました。途中でキツくて険しい表情もありますが、山頂から見る景色に皆つらさも忘れてしまいます^^

この日もいろんなゲームを行ったり、キャンプファイヤーにバーベキューで本当に楽しいキャンプになりました。次回のトレーニングキャンプはみんなで離島に行く予定です!来年みんなもっと良い結果を出して、もっと上手くなってまた楽しくキャンプをしたいと思います!

AnK Golf

IMG_4417

IMG_4419

IMG_4421

IMG_4426

IMG_4429

IMG_4434

2014年度AnK サマーキャンプ1日目!

やっと試合も終わり、一段落ついた所で、今週末は約2年ぶりのキャンプ!全校生徒を連れ、ゴールドコーストの山、タンボリンマウンテンに行ってきました!今回のキャンプには、リチャードフィットネスコーチも内緒で参加!キャンプ前は誰もこれがトレーニングキャンプだという事には気づきませんでした。笑 

キャンプサイトについてまず赤・青チームに分かれ、キャンプ中に行われるアクティビティーの準備。まず最初に行われたのが、ログハウス争奪ゲーム!負けチームはテント、勝者はログハウスです。夜中アナコンダが出ると聞かされた生徒達はログハウスを奪取しようと必死です!笑(アナコンダは出ません)負けチームが決まったところで、テントを組み立てます。が、アクシデント発生!テントの骨組みが一つもありません。。もう負けチームはテントどころか、星空を眺めながら野宿しなければならない窮地に立たせれます。流石にかわいそうだったので、ログハウスを2軒追加でレンタルしてあげました^^

みんなログハウスに荷物を置いて、落ち着いた所で食事タイム!キャンプファイヤーで作った自然の炭で焼く肉と野菜はいつもより美味しく感じます。キャンプファイヤーを囲みながら皆歌ったり踊ったりで夜もクライマックスを迎え、キャンプファイヤーが消えかかりそうなタイミングで中にさつまいもを投入!これで最高な焼き芋が1時間ほどで焼き上がります。芋を20個炭火で囲い、地面に埋め込みじっくり焼き上げます。焼き上がった芋は感動的な甘さでチーム全員で美味しく頂きました^^初日はこれでおわり、2日目の早朝トレーニングに備え早めに寝床につきます。

IMG_3081

IMG_3083

IMG_3091

IMG_3093

IMG_3094

IMG_3096

IMG_3099

IMG_3101

IMG_3105

IMG_3108

IMG_3110

IMG_3125

IMG_3133

IMG_3136

IMG_3158