ラウンド前に腹式呼吸で精神統一!

1ラウンドの平均は4時間前後です。しかしラウンド中、球を打っているのはトータルで30分程度。残りの3時間以上は次のボールへの移動、同伴競技者との会話、または前のホールが空くのを待っていたりです。この3時間がショットを打つ前の感情やルーティーンを左右する引き金となりかねないので、時間をスマートにマネジメントにする事がとても重要になってきます。常に「無」の状態でいる事はほぼ不可能ですが、「腹式呼吸」をルーティーンや待ち時間に使い、ショットを打つ直前に雑念をシャットアウトし、一点集中する練習を日々行っています。

今日はラウンド前にこの腹式呼吸の練習を行いました。目を閉じ、聞こえてくる音に意識を向けます。呼吸のカウントは時間よりリズムが重要なので選手により異なりますが、基本は5秒で吸って、5秒で吐くからスタート。下腹部を膨らませながら息を吸い、吐く時は唇の先から薄く長く吐き出します。これを10分間行い、ラウンド前に精神統一して準備します。日々の練習を通し、ラウンド中も無意識に腹式呼吸になり、プレショットルーティーンに取り入れる事で一層集中力が増します。すごく単純そうに見えて、実はとても重要なこの腹式呼吸を取り入れる事で、あなたのゴルフが見違えるきっかけとなるかもしれません^^是非トライしてみてください!

AnK Golf

98f7dd997881eae2ad55029619cb3ed9_1447120477_7185 98f7dd997881eae2ad55029619cb3ed9_1447120479_4259 98f7dd997881eae2ad55029619cb3ed9_1447120484_7852 98f7dd997881eae2ad55029619cb3ed9_1447120485_5234 98f7dd997881eae2ad55029619cb3ed9_1447120487_2055 98f7dd997881eae2ad55029619cb3ed9_1447120488_6037